So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

不二雄 [テレビドラマ]


フジコ DVD-BOX

フジコ DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: DVD


「フジコ」

真梨幸子の小説「殺人鬼フジコの衝動」を原作としたHULUの初オリジナルドラマ。全6話。既読。
この児童虐待をする親の役をやるために産まれてきたんじゃないかと思わされるほど似合っていた藤子役の尾野真千子に、「鈴木先生」同様今回も熱血演技が良かった同藤子役の小野花梨、よく無表情で罵倒を受ける役をやっている気がする谷村美月に、どんどん老けメイクが濃くなっていく浅田美代子等々、女優陣が良かったです。
あとは毎回、画面に流血シーンが映る素晴らしいドラマで、血塗れの小野が結婚を申し込む場面は酷過ぎて笑いました。

原作既読の身としては、映像化もやってやれないことない原作の大きな仕掛けが、第1話の出だしでバラされてしまうので、これからどうする気なんだと思わせられたものの、なかなか真面目にドラマ化されていて、ほぼ原作と変わりない展開なのに、読んでいても楽しんで見ることができました。
合成がバレバレな背景の富士山の画像も、見終わってから考えるとワザとなんだろうのーと思います。

ある意味では死に意見ですが、ここまで面白いドラマ化だと折角続編があるので、そのドラマ化も見てみたいものですが、流石に谷村の続投は無理な気がしますので、役者が総入れ替えになるものでしょうか。
その続編「インタビュー・イン・セル 殺人鬼フジコの真実」で分かる真相について、一部矛盾してしまう映像もあるような気がしたけれど、記憶が混乱している描写もあったので大丈夫そうでございます。


殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)

殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)

  • 作者: 真梨幸子
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2011/05/07
  • メディア: 文庫



コメント(0) 

メールと後悔 [日記]

先日、全国区のテレビ番組で地元ローカルネタが紹介されたのを何気に見ていたら、以前、同じ職場で一緒に仕事をしていた方が映り、それもちょっと顔が映って一言二言程度ではなく、スタジオでアナウンサーや芸人たちと番組の終わりまで話していました。
かなり良くしてもらった方ですので、翌日・・・は出し忘れて、2・3日経ってからメールを送り、内容は、テレビで見かけましたー、(番組内で紹介された)「ミスター○○」が肩書きだとは知りませんでしたーと、2・3行程度の軽い内容。

するとその日のうちに、番組を見てくれたことのお礼と、スタジオでの体験談、(今回番組で取り上げられた)地元の今後について、また一緒に仕事をしたい旨などなどが、みっしりと書かれた返信が届き、アホみたいに軽いメールを送ったことを珍しく後悔中です。
いい加減、いい歳になったんだし、少し常識を持たなくてはのー・・・


これだけは知っておきたい!大人の常識力大全 (できる大人の大全シリーズ)

これだけは知っておきたい!大人の常識力大全 (できる大人の大全シリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 青春出版社
  • 発売日: 2014/03/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



コメント(0) 

襟古い古巣 [映画]


エイプリルフールズ Blu-ray 豪華版

エイプリルフールズ Blu-ray 豪華版

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: Blu-ray


「エイプリルフールズ」
石川淳一

戸田恵梨香が、妊娠したと電話したら、相手の男に「それ嘘だよね」と言われたから4月1日はエイプリルフールな話でした。
コメディなはずなのにクスリとも笑えないぐらい本当につまらなかったのはともかく、数々の犯罪が起きているのに、まあ理由もあるし良いんじゃね?と、物語上では犯人を許し続けている狂った倫理観が不快でした。せめて全員、賠償責任は果たすべきだと思います。
菜々緒、あんな雰囲気の人に怒られたらゾクゾクしてしまうだろうから好きなのですが(変態)、今作での「うっそぴょーん」は、もはや映画を見ている現実レベルに戻されるを超えて、認識の彼方まで押し戻されてしまい、見ているだけなのに恥ずかしくて今すぐ見るのを止めなければ!と焦らせられるほどアレでした。劇場で見ていたら羞恥心から発狂していたと思います。
大和田伸也の、製作者と観客から求められている演技力に対し、その3倍もの力を発揮する、様式美を超えた演技には最近感心しています。願わくば某藤原竜也もその域に達しますように。
コメント(0) 

司法書士と姉 [日記]

またまた、相続登記話。

戸籍等々の必要書類が揃ったので(揃ったはずなので)、法務局提出用の申請書類を作っています。

主に法務省サイトの説明を参考に、書類を集めたり申請書を作ったりしていたのですが、大本となるサイトのせいか基本的な内容になっており、少し変わった(相続前に相続人の1人が死亡とかの)ものについては記載例がなく、そういった場合にのみ他の司法書士サイトを参考にしました。

それで驚いたのは、各司法書士サイトによって書いていることがマチマチなことで、申請書だけをとっても単語や行の順番が違えば、添付書類なんか押印の必要の有無どころか、そもそもその書類が必要なのかどうかまで違い、どのサイトを信用して作ればよいのか、さっぱり分かりません。

ここ数年で何度か相続登記の手続き方法に変更があったのも原因かと思い、今現在の正確なところを調べようと、地元の図書館へ行って相続登記関係の本の中から出版月日が最新のものを借りようとしたら、同年月発行のものが2冊あったので2冊とも借りてきました。

2冊で書いていることが違いました。何故。


父親の戸籍は簡単なもので、隠し子がいない代わりに、(自分の戸籍は過去に見ているので分かってはいたけれど)私の姉の記載がなく、今後、母親の戸籍側に出てくるかもしれませんが、私の[姉]は実際には誰だったんだろうのーと考えています。
別に出自はどうでもいいので今まで気にしたことはなかったけれど、よくよく思い出してみると、顔はともかく手の特徴が同じなので、遺伝子的な血縁はあるはずなのですが、歳が6歳ほど離れているせいなのか、姉が学生服を着ている姿以前の記憶がなく、変な話ですがいつから私に姉がいたのか分からないでいます。

・・・と、申請書を作りながら、何気なく主人に話したら、姉の話は偶に聞くけれど実際に見たことは1度もないと言われ、なんだって!私が姉と話しているとき、主人には私が独り言を口にしているように見えていたのか!なんて(「六感覚」以来)よくあるホラー邦画なんだ!と思ったけれど、実は主人と一緒に暮らすようになる前から、私自身、姉には会っていないのでした。

まさか、イマジナリーフレンズならぬイマジナリーシスタ―的な・・・


※相続書類を作るため集めた書類
自分の戸籍謄本 350円
自分の住民票 200円
自分の印鑑証明 200円 ※取ってから今回の申請内容なら不要だと分かりました。
父親の戸籍・除籍謄本 750円*4+830円 ※後ろの金額は為替手数料や往復の送料。
母親の除籍謄本 750円+100円
母親の除票 200円+100円
元実家の固定資産評価証明書 200円+264円
元実家の登記事項証明書(土地・家屋)、500円*2
自分の前除籍謄本 750円+264円 ※不要
合計8,208円

※相続書類を作るため集めなければならない書類
父親の戸籍附票 ※これが必要なのか分からなくて調べ続けています。今のところ必要7割・不要3割ぐらいでしょうか。肝心の法務省サイトでは不要になっているから(正確には必要とは書いていないから)それを信じるかのー。
母親の前戸籍(除籍)謄本*?枚 ※2回目の登記に必要。


Foster's Home for Imaginary Friends: Comp Season 1 [DVD] [Import]

Foster's Home for Imaginary Friends: Comp Season 1 [DVD] [Import]

  • 出版社/メーカー: Turner Home Ent
  • メディア: DVD



コメント(0) 

時計と視覚 [テレビドラマ]


妖怪ウォッチ DVD BOX 1

妖怪ウォッチ DVD BOX 1

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA メディアファクトリー
  • メディア: DVD


今更なのかもしれませんが、最近、妖怪つながりで「妖怪ウォッチ」を見始めました。
「~ウ[オ]ッチ」ではなく、「~ウ[ォ]ッチ」なのですね、腕時計のウオッチではなく視覚のウォッチとの意味なのでしょうか。発音がハイカラさんです。
何故か子供のころから特撮の変身シーンは(「ダイナマン」などは)何度でも見てしまうのに、アニメの変身シーンは(人気のセーラーなムーンでも)飽きてしまう性質で、先日、いい加減に見なくてはと録画している「ディスクウォーズアベンジャーズ」を再生したら、変身ではないけれど出現シーンが毎回果てしなく長く繰り返されるのを苦痛に感じ、「デッドプールが出てくる話だけは面白い」との評判を聞いて我慢に我慢を重ねてそこまでは見ましたが、全くそんなことはなかったので視聴中止としています。そしてこちらも変身はしないけれど妖怪を呼び出す場面が毎回微妙な長さで行われ、呼び出す妖怪によって違うとはいえ少し苦痛だったりもします。
あと、これは最近の特撮でもですが、玩具の売り込みが生半可ではなく、見ている子供たちに「買え」と横っ面を玩具で張り倒すような売り込みの激しさには、もう買う歳ではないのに(または買う歳ではないせいか)その露骨さには若干呆れてしまいました。
歳と云えば、お子様アニメの主人公たちが自分より年下になったと気付いた時は驚いたものですが、今作を見ていたら、その主人公のお父さん・お母さんも完全に年下になっていると気付いたのには驚きを超えて複雑な気持ちです。次に歳を越してしまうのは・・・ジジババキャラかのー。
その(妖怪だけど)婆キャラの、暴露ババアがお気に入りで、能力や見た目には関係なく、掛け声の「ババー」が好きで、その自分への悪口を肯定する台詞に転化したような発言と、喜怒哀楽の全てが「ババー」なところがお気に入りです。グッズであまり見かけない気がしますが、最近の話にも出ているのでしょうか。
グッズで良く見かけるジバニャン、芝犬か何かの[シ]バニャンだと思っていたのは内緒ですが、以前、小学生の息子さんのいる向かいの席の重戦車(仮名)に、地縛霊のニャンコだからジバニャンと教えていただきました。一応、尻尾が二股になっているところが芸細です。
アニメでその誕生話を見て、轢死された猫が妖怪になったと分かり、霊なのに妖怪なのかと思っていたら、サラリーマンとトイプードルが工事現場で事故に遭って合成してしまった人面犬も出てきて、そのキャラ設定には番組の懐の深さを感じました。
こうなるとシバニャンロボのロボニャンの誕生経緯も気になりますが、その前になんとなく白いシバニャンだと思っていたキャラが、狛犬のコマさんだと分かりました。猫ではなく犬だったのか! でも狛犬は猫科の獅子だとするところもあるしのー。それにしても神社の狛犬に憑りついていたと説明されていたけれど、すると、元々は何だったのだ? 宇宙から来た不定形寄生生物でしょうか。ケイ素生命にも寄生可能的な。
ときどき説明なく流される背景の小ネタも面白く、今のところは楽しんで見ています。もう少し進んだら映画版も見てみるかのー。


妖怪ウォッチ - 3DS

妖怪ウォッチ - 3DS

  • 出版社/メーカー: レベルファイブ
  • メディア: Video Game



コメント(0) 

飲みの誘いと映画の誘い [日記]

先週末、重戦車(仮名。前の職場で向かいの席)に誘われて、前の職場の皆で飲みに行きました。

ところがその重戦車が選んだ店、行ったことはないものの、情報として知っていることがあり、前にも書いたけれど、重戦車の旦那さんは警察屋さんなので、その店のマスターは元893屋さんなことを伝えましたが、既に店は予約済み。でも、旦那さんに訊いたら知らなかったそうなので、そのままその店での飲みとなりました。
知らなければ良いのかー、なら、余計なことを教えてしまったかのー。

あいかわらず重戦車は大元気で、他の人も一応元気で、楽しい飲みとなりました。
私以外の全員が子持ちでしたので、全員で子供の話をしている時があり、そこで以前、重戦車の息子さんに、何かのオマケで付いてきた妖怪ウォッチの皿だかカップだかをあげたことを思い出し、まだ息子さんは妖怪ウォッチを見ている?と訊くと、「何、言ってんスカ、もう妖怪ウォッチなんて誰も見ていませんよ」。

本当に? 私は最近見始めたよ。

「ワタシの息子も息子の友達たちも、今でもまだ見ている子供なんて周りに1人もいませんよ、前のポケモンと同じで、誰も見ていないのに何故かアニメだけは続いているやつです」

そうなのか・・・

実は今度の妖怪ウォッチの映画版に鬼太郎が出てくるらしいので、あれなら重戦車の息子さんを誘って観に行こうかと思っていたことは内緒です。


映画妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活 限定妖怪メダル付き (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)

映画妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活 限定妖怪メダル付き (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)

  • 作者: 小西 紀行
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2017/12/16
  • メディア: コミック



コメント(0) 

歩いている死2 [テレビドラマ]


ウォーキング・デッド シーズン2  Blu-ray BOX-1

ウォーキング・デッド シーズン2 Blu-ray BOX-1

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2012/11/21
  • メディア: Blu-ray


「ウォーキング・デッド」(THE WALKING DEAD)2nd

コミックス「ザ・ウォーキング・デッド」(原題同じ)が原作のテレビシリーズ。シーズン2。全13話。
我が家では6年前にシーズン1を見て、それから間もなく今シーズンも見始めましたが、何故かBS・CS・ネット配信では吹替版を流さないことと、シーズン1同様、ラストの5分以外は話が進まないこと、それと主人がゾンビ物は日中しか見ないことにより、しばらく見ていませんでしたが、先日、何気にシーズン2の続きを見たら、今見ると面白いのーと6年かけてようやく見終わりました。
今回は農場が舞台となり、息子カールが撃たれたり、妻ローリが妊娠していたり、元同僚のパニッシャーじゃなくてシェーンは暴走していき、グレンには彼女が出来て、妙に製作者がダリルとキャロルをくっつけようとするのが気になる中、レギュラーメンバーが何人か死んでいく展開でした。
やはりラスト5分以外は、各々の会話を流しているだけに感じるところは苦手なものの、いろいろゾンビ関係で衝撃的な出来事があれば、別の人間たちと出会っても不穏な空気が流れて嫌な顛末を迎える油断できない状況が続き、シーズンラスト付近では主人公のリックも少し様子がおかしくなっていく、誰もが正気ではいられない感じで終わっていき、シーズン最終回で出てきた日本刀姉ちゃんが気になることもあって、シーズン3以降は続けて早めに見たいものです。


ウォーキング・デッド2

ウォーキング・デッド2

  • 作者: ロバート・カークマン
  • 出版社/メーカー: 飛鳥新社
  • 発売日: 2012/02/25
  • メディア: 単行本



コメント(0) 

オンラインと郵送 [日記]

また、相続登記話。

土地・家屋の所有者である父親が死亡して、その後に母親も死亡しているので、相続権は戸籍上ひとりっ子の私にしか発生しないため、父親から私への相続登記をすれば良い・・・と思っていたら、なんと、そういった場合、父親が死亡前に遺言書を作っているか、母親の死亡前に遺産分割の協議書を作っていない限りは、法定相続の流れどおりに、まずは父親死亡による相続として、母親と私に2分の1ずつの相続登記を行い、その後に母親死亡を理由とした母親分の私への相続登記と、2度の申請が必要だと分かりました。中間省略登記が認められない数次相続だとかなんとか。
その根拠は東京高裁・地裁の判決らしいのでグーの音もでませんが(グー)、これは登録免許税や相続税の取りっぱぐれがないようにするためなのかのー。お金はともかく2回だとまた時間がかかるし、ちゃんと2回分の登録免許税を支払うから(相続税が発生するほどデカい家ではない)、なんとか1回で済まさせることはできないもんですかのー。

そして、以前、土地・家屋の登記事項証明書を申請した「登記・供託オンライン申請システム」サイトで、相続登記をオンラインで申請できることが分かりました。
法務局に後で添付書類を送らなければならない半オンライン化ですが、申請書等は入力形式になるので紙で作る必要がなく、結果も郵送ではなくオンラインで照会できると知り、さっそくサイトからマニュアルをダウンロードしてみました。
登記簿を取るだの場合とは違い、申請まで可能にするとなると、いろいろな事前準備が必要で、まずは自分の電子証明書が必要でした。
電子証明書とは何かと思ったら、マイナンバーカードがそれにあたるようで、私はマイナンバーの通知は受けたけれどカードは取っていないので、それの申請から手続きを始めることになります。
その他にも、ICカードリーダーを購入する等の細々とした初期投資が必要ですが、1回、始めてしまえば、同じものを使って「国税電子申告・納税システム(=e-Tax)」を通して確定申告もできるし、長い目で見れば損はしないかもしれません。

・・・・・・当初の予定どおり、郵便で申請することにしました。

※相続書類を作るため集めた書類
自分の戸籍謄本、350円
父親の除籍謄本 750円+274円 ※後ろの金額は為替手数料や往復の送料。
父親の前戸籍謄本 750円*3+556円 ※出生時にまで遡ったら同一市町村なのに3戸籍になりました。でも2市町村だけで済んでよかった。
母親の除籍謄本 750円+100円
母親の除票 200円+100円
元実家の固定資産評価証明書 200円+264円
元実家の登記事項証明書(土地・家屋)、500円*2
自分の前除籍謄本 750円+264円 ※不要
合計7,808円

※相続書類を作るため集めなければならない書類
自分の住民票・印鑑証明書
母親の前戸籍(除籍)謄本*?枚

増えた。


解説・行政手続オンライン化法

解説・行政手続オンライン化法

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 第一法規
  • 発売日: 2003/04
  • メディア: 単行本



コメント(0) 

継子はん、また? [映画]


ママ、ごはんまだ? [DVD]

ママ、ごはんまだ? [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet
  • メディア: DVD


「ママ、ごはんまだ?」
白羽弥仁

原作は一青妙のエッセイ「私の箱子」と同名作の2作。どちらも未読。
亡き母のレシピが書かれたノートブックを見つけて回想が始まる流れで、その母と父の馴れ初めから語られますが、結果的に、自分の兄の形見の指輪をコネを使って借りたうえに、それをなくしたと話す男性と付き合うことになるのには驚きました。・・・きっとなくしたのは嘘で、あとで帰してくれているんだよねと好意的解釈。
日本料理は物足りねー、油も肉も足りねえしよーと話す姉妹が痩せていましたが、きっと香辛料とかなんとかでヘルシーなのかも。糖質ダイエットでしょうか。料理ネタでは、当時日本では手に入りづらかったらしい豚足を、肉屋さんに頼んで大量に仕入れて、娘の友達たちに調理して出してあげる場面があり、豚足を食べたくなりましたが、煮込み料理のようだったので、いったい何時間ぐらい友達たちは待っていたのだろうかと思いました。この映画の料理監修をしている辻調理師専門学校の公式レシピによると、1時間10分煮込んで、そのまま20分待つのだよとなっていたので、下ごしらえ時間を除いても煮込み時間だけで1時間半。うーむ。
豚足を食べたくなったものの、その豚足を齧って前歯の差し歯を折る人がいたため、私も似たような経験があるだけに気になりました。ちなみにその折れた歯の映像は、歯を黒塗りにする特撮(?)で誤魔化していて、いやそういうところにこそCGを使おうよと思わされました。
「画面が暗い」「声の音量は小さいのにBGMは突然大きくなる」「文字とナレーションで状況や心情を説明」と、邦画の悪いところが並んでおりましたが、意外と最後まで楽しんで見られました。原作者役である主演の木南晴夏も良かったです。
笑点ホワイトこと春風亭昇太が後半いきなり登場。何故かその昇太出演部分だけは、伏線ありで劇中の謎が暴かれますが、名探偵でも見抜けないほどの伏線にして、暴いてもしょうがない謎でした。そして結局昇太の正体は一部不明なまま終わってしまいます。(その言動から昇太は親子どんぶりを狙っているのかのーと口にしたら、反抗期の娘さんがオナラをした父親を見るような目で主人に睨まれました。)
あと、やはり終盤、妹が墓場でいきなりサインを求められていて何事かと思いました。いや、原作者の家族構成から考えると分かりますが、それこそ劇中では何の伏線も説明もなくいきなりでした。あと、いくらファンでも墓参り中は止めなさい。
そして最後は、ノートブックに書かれていたお母さんのレシピを試したところで、綺麗に話が閉じられて終わるところが素敵でした。そのオチも。


私の箱子

私の箱子

  • 作者: 一青 妙
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/01/13
  • メディア: 単行本



コメント(0) 

必要書類と郵便局 [日記]

相続登記話。

相続登記申請用の必要書類を取り続けていますが、ある書類の申請を書くためには、別の書類を取って書かれている事を見なければならなかったり、そうかと思えば先に別用で取っていた書類だけで事が足りたりと、回り道や無駄足をし続けています。

前に土地転がしを(土地売買を)しているところで働いていたので、登記関係は「抵当権」等の単語ぐらいなら聞き覚えがあるものの、実際に自分1人で申請書を作るとなると、必要書類1つ取っても1から調べなければならず、なかなか面倒です。
それでも、戸籍関係は、以前なら郵送申請すら簡単にできない役所・役場があっただけに(おかげで当時は遠方の役所・役場への出張が多く、マイレージが溜まりました)、面倒さはかなり軽減されている気がします。

ただ、郵送申請も、現地の役所・役場へ行かなくても良いってだけで、支払方法の定額小為替は郵便局へ行って買わなければならず、更に役所・役場によって、多めに入れておけば差額を戻してくれるところがあれば、絶対に釣りのないように送らなければならないところもあり、後者の場合は種類も枚数も分からないまま申請するから、まずは申請書を送っておいて、後日、電話で料金を教えてもらい、それから郵便局へ行って小為替を買って、また送って(セコいけど送付代82円も余分にかかる)・・・と、時間も手間もかかって面倒でした。

それはそれとして、結構、必要書類が集まりました。

※相続書類を作るため集めた書類
自分の戸籍謄本、350円
父親の除籍謄本 750円+274円 ※後ろの274円は為替手数料や往復の送料。
母親の除籍謄本 750円+100円
母親の除票 200円+100円
元実家の固定資産評価証明書 200円+264円。
元実家の登記事項証明書(土地・家屋)、500円*2 ※地番等の正確な不動産情報を確かめるために必要。
自分の除籍謄本 750円+264円 ※父親の生年月日を知るために取ったけれど、父親の除籍謄本と同じものだったので、2回も取る必要がなかった。
合計5,002円

※相続書類を作るため集めなければならない書類
自分の住民票・印鑑証明書
父親の前戸籍(除籍)謄本*?

おー、こうして並べて見ると、もうすぐのような気がー。・・・増えなければ。


平日 (文春文庫)

平日 (文春文庫)

  • 作者: 石田 千
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2012/03/09
  • メディア: 文庫



コメント(0) 
前の10件 | -