So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

お新香ずら [映画]


シン・ゴジラ Blu-ray2枚組

シン・ゴジラ Blu-ray2枚組

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: Blu-ray


「シン・ゴジラ」
庵野秀明・樋口真嗣

今年の4月ころ、主人が同僚と昼食に行ったら、今作のブリュレイを買おうとしたけれど地元の店では売っていないと言われたそうで、アマゾン等でも売っていないのか訊いたところ、売っているかもしれないけれどネット通販を利用したことがないとのこと。なら、アマゾンで売っていたら注文しておくかと提案したら肯定され、でも、主人もアマゾンのアカウントを持っていない(私に買わせるから)ので、私が注文することになり、在庫ありだったので翌々日には届き、更にその翌日の昼休み、主人がその同僚に渡すことに。
ところが同僚にソフトを渡したところ、細かい持ち合わせがないと言われて釣りが必要になり、あいにく主人の方も小銭が足りなかったため、別に代金は今でなくても構わないと話す主人に対し、同僚は早く清算したいと話して主人を近所のATMまで連れて行き、そこで何故か主人が現金を降ろしてコンビニで買い物してお金を細かくして、同僚に釣りを渡したとかなんとか。
面倒臭い同僚でーと話す主人に、そんなのとは付き合うのを止めなさいと言いましたが、先日も一緒に昼食へ行っていました。決して仲が良いわけでも話が合うわけでもなさそうなのに、よく分からない関係です。


そのソフトには関係なく、秋ころにBSで放送されていたものを見ましたが、本作、また今までの作品とは別世界の出来事となっていて、それも今までは別世界でも1作目の出来事だけはあった世界でしたが、今作では全く初めてのゴジラとの遭遇話になっていました。
政治家の方々の対策が主な話になっていて、それへの風刺映画を目指したようでもあり、そんなの全く興味がないので辛うございましたが、ドラマ部分が駄目なのは平成ゴジラシリーズと変わりないので良し。でも、明後日の方向を見ながらドアップで話し続ける絵柄は見ていて寒かったです。
肝心のゴジラは、ヘドラのように(実は「ゴジラ対ヘドラ」を見たことがない)変態を繰り返し、上陸して死んだ目をした魚のようになったゴジラが、鰓からバフォバフォと血か何かを吹き出している姿と、それから何回か変態を繰り返してゴジラらしい見た目になった後、口がガバッとホタテ貝のように大きく開くところは良かったです。でも、後者の方はそれから下顎が左右に割れるのを見てガッカリしました。
いずれ、政府の怪獣対策が主で、その対策チーム内に高橋一生もいたことから、テレビドラマの「MM9」を思い出しました。そっちの方が我が家では面白く見られましたのー。
ちまたで噂の冬子こと石原さとみの英会話(のイーオン)は発音の正確さ等は関係なく、あれくらい勢い付けて話せば、英語圏の人なら「お、おう」と逆に聞き取ってくれるだろうから問題ない気がしました。昔テレビによく出ていた自称バイリンギャルの現地比3倍の巻き舌発音が苦手で、それよりは聞きやすかったせいかもしれません。逆に日本語の方はルー大柴語になっていて、これもかなりお寒いものがありました。ときに、何故に次期大統領候補扱いを受けていたのかのー。冗談にしても醒めます。


初めに書いた先日の昼食とは、我が家で今作を見た翌日のことだったので、主人が同僚に買う前に映画を見ていたのかと訊いたら、劇場で見たとの回答。
下手なCGを見るたびに呆れていた主人が、あれを見て何で買おうと思ったのかと重ねて訊いたら、政府の対応がリアルで会社での上司たちとの会議のようで良かったとのこと。
同じ会社に勤めているのに全くそうは思えなかったと話す主人のリアルは何処だろう。

※その後、その同僚は地上波放送でも見て、更にサントラCDも買ったとか。当たり前だけど、好きな人は好きなんだのー。


シン・ゴジラ劇伴音楽集

シン・ゴジラ劇伴音楽集

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2017/03/22
  • メディア: CD



コメント(0) 

入院と荷物 [日記]

入院準備をしていたら荷物が異様に増えてしまい、何か月入院する気なんだと主人に呆れられました。
一応、必需品ばかりにしたつもりなので中身を見せると、まずは何故百均で買ったストロー30本入りを全部持っていくんだと問われ、入院期間が1週間として1日3食に珈琲か何かを飲んだらと考えると7日*4回で28本。30本でも何の問題もないはずと答えたら、1週間寝たきりで顔も起こせない状態だったら、それどころじゃないと言われ、普通は術後の最初の飲みの時に使うぐらいで、それ以降は例え腹を切っていても体を起こして自力で飲むわとのこと。・・・なるほど。さすがは経験者。
あとは箱ティッシュにウェットティッシュにアルコールティッシュにボディペーパーと、何百枚、持っていけば気が済むんだと紙関係を減らされ、ビニール袋にレジ袋も百枚以上あったので減らされ、タオル関係も数枚に減らされ、洗濯バサミ代わりのクリップも数個にされ、各種筆記用具も三食ペンがあれば十分と1本になり、イヤホンなんか個室なら使わないよと取り上げられ、カメラ・・・は摘出した腫瘍と入院食を撮るのに使うから持って行っていいけど、タブレットに電子書籍リーダーにレンタルのモバイルWiFiに延長コードに充電器なんかどうする気だと置いていかされそうになりましたが、既にレンタル料金は払っているし、私はテレビも見ないんだから、こればかりはなんとかと説得。
個人的には絶対に必要だと思う、盗難防止用のチェーン錠や、十徳ナイフ代わりのアーミーナイフに、(メガネ用の)精密ドライバに防護手袋にマグライトまで、お前は何処へ誰と戦いに行く気なんだと言われて全て却下。酷い話です。
代わりにかなり身軽になりました。行きはともかく帰りは右手を使えないかもしれないから、確かに軽いに越したことはないんだけどのー。


人生に必要な荷物 いらない荷物 完全版

人生に必要な荷物 いらない荷物 完全版

  • 作者: リチャード・ライダー
  • 出版社/メーカー: シャスタインターナショナル
  • 発売日: 2017/07/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



コメント(0) 

メトロポリタン除草 [映画]


ミュージアム-序章- [DVD]

ミュージアム-序章- [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


「ミュージアム -序章-」
白石晃士

WOWOW制作の映画版の序章となるテレビ映画。映画の原作漫画は原案扱いのオリジナルストーリー。
映画版で過去の冤罪事件として紹介される殺人事件を描いた・・・ものではなく、その冤罪事件を取材しようとしたフリーライターが、真犯人であるカエル男の事件に巻き込まれる話でした。
誘拐された女の子が逃げて助けを求めた相手が、そのまま強姦しようとする馬鹿だったり、その女の子が延々と顔を殴られる場面が映されたり等々、胸糞が悪くなる描写が続く昔のVシネマの残酷もののような内容で、今流行りのPOV?(半疑問形)っぽい作りでもありました。
刑の執行理由が無かったり、見立て殺人になってなかったり、するとただの快楽犯のようでもあって、おそらくカエル男の中身は違う人なのでしょう。いや、映画版でのカエル男役の役者が出ていないからではなく。

コメント(0) 

なまはげと実家 [日記]

先月受けたナマハゲ伝道師認定試験の合格通知が届きました。
合格率等は発表されませんが、受験番号と受験人数、あとは認定証の通し番号から逆算すると、少なくとも9割9部は超えているんじゃないかと思われます。
それはそれとして認定されたので、これからは大手を振って自信たっぷりになまはげを語ることができます。地元では生はげでは食べず、主に焼きはげか煮込みはげで食べるんですよ。(やめなさい)

私の父親は男鹿の網元(地元漁師たちの親方のようなもの。農業なら地主とすれば分かりよいでしょうか)にあたる家の長男で、私も子供のころは父親の実家で年末年始を過ごしたことが何度かあり、本場のなまはげ行事を目にしたことがあります。
まだ幼かったけれど、その時の光景は今でもありありと覚えていて、それもなんというか恐怖。それも鬼や荒ぶる神に対する畏怖の念などではなく、無法者が家に乗り込んできたときの恐怖を記憶しています。

当日の夜、親戚一同が本家・分家に関係なく集まって大人数となった父親の実家で、まずは正装をした腰の低い爺さん(「先立」と呼ぶらしい)が忌家ではないことを確認に訪れ、続いてなまはげが登場。
現在のアイコン化された赤か青の鬼の面ではなく、もっとアニミズムを感じる南洋諸島で見るようなコワい仮面を付けていました。
既に別の家々で酒を大量にふるまわれたらしく、その素肌も赤黒い、全身から湯気を出したなまはげが、重々しい足取りで大声を張り上げながら、(出刃包丁ではなく)御幣を片手に土足のまま家の中に上がり込み、そのまま親族一同が神妙に座っている大広間に押し入って、まずは手近にいた男の子の腕をムンズと掴み、そのまま人形のように振り回して無造作に投げ捨てた光景は、人体はそのように扱えるんだと思った記憶とともに、忘れようと思ってもなかなか忘れられるもんじゃございません。
尚も周りにいた子供たちを、男子・女子に関係なく捕まえては大声を浴びせて転げ倒し、母親の陰に隠れている子は引きずり出して激しく揺さぶってから投げ捨て、一通り子供に被害(祝福なのでしょうか)を与えると、御膳を備え付けられている上座に座り、焼き魚等の料理を突き回しながら(箸を使えないほど酔っていました)大声を上げて周りの子供たちを威嚇し、注がれた枡酒をガパガパ飲んでから呂律の回らない口調で何かをがなり立て、玄関の土間へ転がり落ちるようにして出ていき、家の者と何かを渡し渡されしていた上記の先立の爺さんに案内されて、次の家へと向かっていきました。
なまはげが帰った後も、子供たちはほぼ全員(子によっては掴まれたときに伸ばされてビロビロになったセーターを着ながら)泣き叫んでいたので、「そんなことしていると地獄へ落ちるよ!」とか「嘘を吐くと閻魔様に舌を抜かれるよ!」とか「ねないこだれだ!」的な恐怖による道徳教育としては、かなりの成功を収めているのではないかと思われます。

そのときの私は、なまはげに対して無法者としての恐怖を感じると共に、そんななまはげたちに絶好の標的とされてもいいぐらい幼かったのに、本家筋の直系となる私にだけはなまはげが(なまはげの中の人が)絶対に手を出さず、それを強調するかのように私の背後に座って睨みを利かせている、女だてらに網元の大家長を務めていた曾お婆さんの姿に、因習や行事や泥酔ですら乗り越えられない田舎の閉鎖社会での利権の大きさを感じ、幼いながらに違う意味で恐怖したものです。

ちなみに、その後、曾お婆さんが煩悩の数だけ生きた108歳で大往生を遂げると、実の祖母とその再婚相手となる義理の祖父、あとはその息子たちに実家を乗っ取られて、父親は遺産相続を放棄させられた上に離縁され、今では全く関係のない家となりましたので、現在の風習については何も分かりません。

そして、伝道師認定試験の講義では、上記、私の体験談のような、なまはげの乱暴な行動は、誤った伝承によるものではないかとの一論もあり、認定はされたものの、私になまはげを伝承する資格なしです。


ナマハゲーション

ナマハゲーション

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: PSC
  • 発売日: 2005/09/07
  • メディア: CD



コメント(0) 

メトロポリタン [映画]


ミュージアム [Blu-ray]

ミュージアム [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray


「ミュージアム」
大友啓史

原作は巴亮介の同名漫画。既読1名。未読1名。
漫画原作にしては珍しく、ほぼ原作通りの映画化作で、特に劇中被害者となる引きこもりっぽい男性は、この役者を基に漫画化したに違いないと矛盾したことを考えさせられるほど再現度が高かったです。
原作は、日光アレルギーを扱っていると知って読んだのですが、それの重度の症状とされる原作とは違い、今作では幼いころの心的外傷が原因な心因性のものだとの映画独自設定を付けられ(持病ネタはマズいのでしょうか)、やはり映画独自なラストのオチに使われていました。途中の直射日光に苦しむ場面も、なんか(吸血鬼のように)皮膚が焼けるような描写で、アレルギーによる症状ではなさそうだったしのー。でも、それを心的なものと言われてものー。うーん。
ただ、それともう1つの映画オリジナル設定により、パリッとキツ目のメイクをした市川実日子が見られたから良しでしょうか。何故か前から彼女を映画等で見かけるたびに頬が緩んでしまいます。おそらく私は彼女の熱烈なファンなのでしょう。
原作・映画共に、死体を何かの刑に見立てる劇場型見立て殺人鬼なのに、肝心の最後のアレは、状況がそれなだけで、ちょっと違う形式になっている気がします。そこは気ちがいじゃが仕方あるまいでしょうか。
エンドクレジットを見るまで、犯人役が誰なのか分かりませんでした。


ミュージアム(1) (ヤンマガKCスペシャル)

ミュージアム(1) (ヤンマガKCスペシャル)

  • 作者: 巴 亮介
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/11/06
  • メディア: コミック



コメント(0) 

マスクと高熱 [日記]

入院時に風邪等で体温が37.5度を超えていれば、入院も手術も延期となるそうなので、手術まで1週間を切った今は、予防のために外出時や勤務時間はマスクをして過ごしています。
お得用の30枚入りボックスのマスクを使っていますが、サイズが小さくて顔にはめていると小顔に矯正される気分になります。私の顔がデカいんじゃろうかと思ったものの、比較的小顔の主人もそのマスクはキツいと言うので、元々、小さめのマスクだったのかも。
マスクの他には、帰宅時の手洗い・うがいを欠かさず行い、夜も早めに寝るようにしていて、あとは・・・体力と抵抗力を付けるために肉でも食べておくかのー。

高熱と云えば、いつも思い出すのが、前にも書いたかもしれないけれど、つつが虫病。
主に東北の野山や田畑・河川敷等に生息している、病原菌のリケッチアに汚染されたダニの一種であるツツガムシに噛まれることで感染する病気で、発症すると38~40度の高熱が出るのが特徴。
幸い私は今までに噛まれたことはないものの、まだ若かりし頃、高熱を出して初めて受信する個人病院へ行ったら、お爺さんな医師に診察開始と同時に、下半身の衣服を全て脱ぐように言われ、なんでやと思いましたが、相手は医者なことと高熱でぼーっとしいたことから言われるまま下半身だけ裸になると、その医師に腿を掴まれて足を広げられ、しげしげと観察された後、「つつが虫病じゃないな」で診察終了となって、解熱剤を処方されて帰されたことがあります。
それが正規の診療なのか、変態爺だったのかは未だに疑問なところです。ただ、熱があると言っただけで「パンツを脱げ」ですぜ。どう考えても通常の手続きだとは思えません。
確かにツツガムシは、肉が軟らかくい陰部や内股を狙うようですが、脇の下や腹部も狙うと書かれているのに、そちらの方は見られもしなかった記憶があります。うーん。


死の虫 - ツツガムシ病との闘い

死の虫 - ツツガムシ病との闘い

  • 作者: 小林 照幸
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2016/06/21
  • メディア: 単行本



コメント(0) 

他の男たち [映画]


アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事! [Blu-ray]

アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事! [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: Blu-ray


「アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!」(THE OTHER GUYS)
アダムマッケイ

刑事もののお約束なバディムービーですが、出だしのサミュエルLジャクソンとドウェインジョンソンのコンビが強烈で、肝心のウィルフェレルとマークウォールバーグの方は見劣りするのが、そういう内容だと分かっていてもちょっと残念でした。
フェレルは苦手と言いながらよく見ていて、意外と楽しんだりもしているから、私は監督のマッケイの方が苦手なのかも、そういえばフェレルを苦手に感じたのは、マッケイの「俺たちニュースキャスター」からだった。
資産運用とはとどのつまりねずみ講であると事例も出して延々と説明してくれるエンドクレジットが面白かったです。途中で飽きて早送りしましたが・・・

コメント(0) 

家族と鶏肉 [日記]

先日、病院帰りに某コンビニへ寄って帰ると、買ってもいないファミチキがレシートに載っていました。
もちろんしっかりとお金も取られていて、まあ百数十円だから車を出して説明しに行く手間暇の方が面倒だのーと泣き寝入り。
たかが百数十円だけど、レシート下に記載された細々と一桁単位で溜められているTポイントを見ると悲しいものがあります。

その翌日、出張帰りに某コンビニへ寄り、前日のことを思い出してファミチキを注文。
ところがいざ食べようと思ったら、レジ袋の中に入っていなーい。そして、もちろんレシートには載っていて、お金だけは取られているわけです。
このときは確認し忘れた私が悪いのですが、なかなか態度の悪い店員で、レジ袋とレシートを私に突き出しながら「次の方ー!」と大声を上げてレジから追い出されて、確認する暇はなかったことを思い出しました。

これは・・・某ファミマの店員間で裏マニュアルとかを全国的に回していて、レジのホットスナック関係は在庫管理があやふやだから、裏帳簿的なレジ操作で店員が小銭を着服できるシステムになっているのではあるまいか・・・

最近、すっかり陰謀論的な考え方をするようになりましたが、一応、それから近所の徒歩で行けるファミマで注文したら、普通にファミチキを買って食べることが出来ました。
・・・私、ファミチキ好きだったっけか?


廃業して分かったFC契約の怖さ―ファミマ元店主の体験記 (マイブックレット)

廃業して分かったFC契約の怖さ―ファミマ元店主の体験記 (マイブックレット)

  • 作者: 新藤 正夫
  • 出版社/メーカー: 本の泉社
  • 発売日: 2010/07
  • メディア: 単行本



コメント(0) 

タン塩の蜂蜜だキャット [映画]


映画「 妖怪ウォッチ 」誕生の秘密だニャン! [Blu-ray]

映画「 妖怪ウォッチ 」誕生の秘密だニャン! [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA メディアファクトリー
  • メディア: Blu-ray


「映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」
髙橋滋春・ウシロシンジ

テレビアニメ「妖怪ウォッチ」の映画化作第一弾。
2014年の年末映画でしたので、2014年中に放送されたテレビ版50話までを見てから観てみました。
ストーリー的にはゲームの「妖怪ウォッチ2」元祖/本家/真打を基にしているようですが不明。
テレビ版同様、凝りに凝りまくっていて、オープニングではテレビのオープニング歌の歌詞を替えてストーリーと設定を紹介したり、エンディングではテレビの歴代エンディング曲をミックスして踊れるように流していたりと楽しゅうございました。
あいかわらずジバニャンだけ種類が増えていくのが気になるところで、今回の映画でもデカニャンにフユニャンにダークニャンに、ニャンが付かなくてもニャーダとか多数。何故に。でも、フユニャンのフユって何だ?と思っていたら、自縛霊に対しての浮遊霊のフユだと分かったときは感心しました。
今回は60年前にタイムスリップしての時間ものとなり、その時間ものとなるのはテレビ版でも何度か示唆されていたのは、やはり芸が細かいところでしょうか。そして時間SFとしての設定は、過去の行動が変わると未来が変わり、同時に未来から来ている人の持ち物まで変わる方式を採用。
主人公の爺ちゃんが奇天烈斎のようでした。「ガッツ」と「根性」が被っているのも面白いところです。
ラストバトルで未来の友達を呼べた理由は、今までもロボニャンとかの例があったからのー。
長い脚が生えたハマグリのようなポケモン(じゃねーよ)は初めて見た気がしましたが、あれはゲームの方には出ている妖怪なのでしょうか。
ラスボス、片岡愛之助も上手ければ、フォースの師匠的な志村けんも(出番は少なかったけれど)違和感なく、(「劇場霊」の)島崎遥香だけはかなりアレでしたが、声優ではない声の人たちも良うございました。舞台がケマモトだからか、台詞のないクマモンも良かったです。
個人的には暴露婆に出番と活躍があったのが嬉しかったところで、主人的にも狛さんが出ていたので嬉しかったでしょう。


妖怪ウォッチ2 元祖 特典同梱(ジバニャンメダル ニャイーン他) - 3DS

妖怪ウォッチ2 元祖 特典同梱(ジバニャンメダル ニャイーン他) - 3DS

  • 出版社/メーカー: レベルファイブ
  • メディア: Video Game



コメント(0) 

DVDとオフ [日記]

最近、レンタルにBS・CSにネット配信と、観る選択肢が増えたこともあり、同じ映画を見返すことが減ったので、もう2回見ることはないと思われる映画やテレビのDVDを売ることにし、前回の本同様、ダンボール5箱分ほど集めてブックオフへ送ってみました。
購入するために5箱分で少なくとも50万円は使っているはずなので、私が子供の頃に言われていた「古物半値の5割引き」の相場なら12万5千円になるものの(この相場は「質屋」だったかのー)、前回の本の実績を考えると希望的観測で本の3倍の額となる1万2千円と予想。
結果は58点(うちボックスセットが21点あったので枚数なら207枚程度)で4万円でした。予想よりは上なので良し。購入価格の8%かー。
相変わらず、買い取り価格が一桁のDVDは何故なのかと思いますが、中には3千円前後で売れたDVD(単品でも・ボックスでも)があり、高く売れたのだけ市場価格を調べたら、絶版になっているのかプレミア価格が付いているものが多かったです。だいたい、買い取り価格の10倍ぐらいで取引されていました。
オークションで売るのが面倒だから送っているので、それは構わないものの、同じく絶版状態でプレミア価格が付いていて更に予約限定特典のケース付きで在庫ダブつきは考えられないマイナー作でありながら5円の値が付けられたDVDには、儲ける気が無くても愕然としてしまいます。
やはり面倒がらないでヤフオクで売るべきだったのかのー。

この4万円で豪華おせちセットでも買おうかと思いましたが、フロントガラス交換費用の1部に消えていきました。


ジャンボ五円玉マグネット HB-488 大きい 硬貨マグネット 五円玉レプリカ

ジャンボ五円玉マグネット HB-488 大きい 硬貨マグネット 五円玉レプリカ

  • 出版社/メーカー: エンカレッジ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



コメント(0) 
前の10件 | -