So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

屋根続き小売店舗入居施設警官 [映画]


モール☆コップ コレクターズ・エディション [DVD]

モール☆コップ コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD


「モール★コップ」(PAUL BLART: MALL COP)
スティーヴカー

邦題の星印は何をふざけているのかと思いますが、保安官バッチの星形を意味しているんでしょうか。
でも、保安官じゃないので間違い…だけど、もともと警官ですらないので原題から間違いです。

最近(2015)続編が公開されましたが、ようやく少し前の(2009)1作目を見ました。

モールを襲う強盗団が、ヤマカシというかMTBというかな人たちで、びょんぴょんと飛び跳ねていました。
太めの主人公がダクト内を逃げる場面は笑うところだと思うけれど、それに対して強盗が殺害レベルの残酷な攻撃を加えるので、それこそダイハードの敵だったらともかく、今作の敵は人を殺さないようにしているようなのに、あれで死なせたら一挙に殺害犯に…と思ってしまって乗れませんでした。コメディ世界の出来事だと割り切れば良いようなもんですが、同理由で「らんま1/2」の描写も読んでいて気になる性質です。逆にホラーなら何をやられようが平気なんですがのー。
それはそれとして終盤の展開に捻りもあって面白かったです。反撃材料を調達中、最も手に入れるのが大変だったアレは何に使うのかと思ったら呆れた・・・もとい意外な使い方でした。

今作の主人公は低血糖症で、定期的に甘いものを食べなければ失神してしまう(ので警察試験に落ちる)人でしたが、主人も何時間か食べないでいると元気が無くなり、貧血を起こして倒れそうになるときがあるので、ひそかに低血糖症を疑っています。検査では引っかからないけど、そんな状態になっても口にチョコを放り込んでやれば元気になるところも今作の症状と一緒なんだがのー。
私は逆に1日2日食わなくても特に空腹も感じず過ごせるため、2人で旅行等をしていると食事行動に違いが出ますが、私の方は感じないってだけで、後に熱が出たり倒れたりすることがあるから、どっちもどっちです。

コメント(0) 

蟹と鯉 [日記]

私が運転できないから年末年始は帰省できないとペーパードライバの主人が実家に伝えていたら、年末、義母からおせち料理代わりなのか各種お惣菜の詰め合わせ便が届きました。
まだしばらく料理はできそうにないのでありがたいものの、かまぼこ・黒豆・数の子と一緒にメイン料理として茹でガニと鯉こくが入っていました。右腕を使えないことは主人から聞いているはずなのに、的確に片手では食べづらいものを選んでくる部分に義母の天然さが伺えます。

カニの殻から身を取るのは片手では難しく、仕方なく脚だけ剥いてもらって(中骨は抜かれていないそれを)食べましたが、問題は鯉こく。
ただでさえ鯉の骨は堅いのに、異常なほど小骨が数多く詰まった鯉こくで、それをスプーンとフォークに、左手での食事用に購入したトングで食べるのは難しく、主人ともども泣く泣く半分以上残したほど、尋常じゃない小骨の固まりでした。

おかげで、上記、ブログの照会文は嘘偽りありとなったので替えなければなりません。


ゆびさきトング LS1505

ゆびさきトング LS1505

  • 出版社/メーカー: オークス
  • メディア: ホーム&キッチン


先端のスプーン状の曲がりが箸代わりにするには使いづらかったです。

コメント(0) 

蒸籠の雲丹 [映画]


探偵ミタライの事件簿 星籠の海 [Blu-ray]

探偵ミタライの事件簿 星籠の海 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray


「探偵ミタライの事件簿 星籠の海」
和泉聖治

原作は島田荘司の小説「星籠の海」。既読1名、未読1名。
映画公開前に、テレビの2時間ドラマで放送していた「天才探偵ミタライ~難解事件ファイル「傘を折る女」」は、主演の2人の掛け合いが痛々しく感じるほどに酷く、今まで子供のころから数多く見てきた2時間サスペンスものの中でもワースト3に入るほど酷かった記憶がありますが、今作も火サスや土ワイだったとしても失敗だとしか思えないものでした。・・・いや、テンプレート的なものもあるのでしょうけれど、テレビのサスペンスドラマよりも映画のサスペンスものの方に失敗作が多い気がします。
映画となった今作の方は同監督の映画「相棒」シリーズ同様、真面目に画面を見ていても話がさっぱり頭に入ってこない怪作で、未読の身としては、話には直接関係のない余計な部分が他と同じ重さで撮られていて、肝心な部分は心情を含めて全て台詞だけで説明されるので、本筋が全く見えてこない・・・と思いましたが、既読の方によると、原作の方も同じように直接関係のない資料の丸写しのような文章が1から10までクドく書かれて、肝心の本筋の方は全く頭に入ってこなかったと言っていたから、ある意味、原作の精神を忠実に再現した映画と云えなくもないのかもしれません。
主人公がもはや推理力ではなく超能力で動いていて、状況証拠からでも何でもなく、ただ居るだけで何が起こったかどころか、これから何がいつどのように起きるのかまで全て分かっていて、そうかと思えば他の人がこつこつと検証した結果を話しているのに、助手役が「すごい!すごいですミタライ先生!」と叫び(何故だ?)、警察も浅見光彦の兄の存在を知ってからのように探偵へ全面協力と、なんかファンの書いた好きな登場人物を神格化して書いた同人小説のようで呆れました。

映画のコピーは「難事件なら、よろこんで。」と劇中の台詞を使ったものだったけれど、全然悩んでいた様子はなかったので今回のは難事件じゃなかったんだろうと思います。というか、島田荘司後に続々出てきた自称本格推理作家は、「いいねー、そんな変わった事件を待っていたんだよー」と手もみして事件に乗り出す探偵が多いのが厭で、それからは「本格推理」と書かれているだけで読むのを止めて、ついでにキャラを使った同人作家のようになっちゃった本家の小説も読むのを止めてしまいました。
主人の方はまだ読んでいますが、現在、新聞に連載しているものは毎日読みながら、本当にクソつまんないと申しております。何故、読む。


星籠の海(上) (講談社文庫)

星籠の海(上) (講談社文庫)

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/03/15
  • メディア: 文庫



コメント(0) 

損と得 [日記]

相続登記話、7回目で最後。

申請書類には問題がなかったようで、1度、「添付書類は原本使用として良いか」と謎の問い合わせ電話がありましたが、まずは本人限定受取郵便の通知書が届きました。
本人限定受取で送られるのは分かっていたものの、基本型なら指定の郵便局まで取りに行かなければならず、現在運転できないのでどうしようかと思っていたら、幸い自宅に配達してくれる特例型でしたので、翌日には無事に「登記完了証」を受け取ることができました。
金曜に申請書を送付して、月曜に法務局が受付、翌火曜には登記完了となって送付されて、水曜に通知書が届き、翌木曜に受領の流れなので、送付日数を含めても1週間で済んだ形になります。必要書類を集めていた日数に比べて、本番(?)は意外に早いものです。

さて、相続登記の必要書類で、結果的に取らなくて良かったり、自分と父親と母親のでダブってしまったりしたものが5件あり、総額3,478円ほど無駄にしていました。

あと、戸籍関係を役所・役場へ郵送請求するとき、例えば、750円の戸籍が3枚と、200円の住民票が2枚の5枚を請求する場合は、それに併せて定額小為替も750円3枚と200円2枚、あと1枚に付き100円の為替手数料が必要となるので、合計3,150円を支払っていましたが、小為替は郵便切手と同じ考え方で金額さえあっていればいいので、1,000円3枚と150円1枚の小為替を買っていれば、為替手数料が400円になって100円安くなるわけです。
更に他の役所・役場への申請も考えて、初めに1番高額な1000円小為替を多めに買っておいて、それで釣りを(それが出来る市町村なら)小為替でもらって再利用するようにすれば、最後の精算時に郵便局へ行くひと手間は増えるけれど、金銭的にはもっと安く済んだはず。
併せて請求時に気付かなくて追加で請求したものは、先に念入りに調べておけばその分の送料が無駄にならなかったこともあり、それらを考慮して計算してみたら、為替手数料で200円、送料で328円の損。

不動産登記の記載事項確認では、「登記・供託オンライン申請システム」を利用して1枚500円で証明書を取ったけれど、結局、証明書自体は使わなかったので、記載事項の確認だけなら、「登記情報提供サービス」の方を利用すれば1件335円で済んだはず。
それだけで土地と家屋の2件だから330円ほど損しています。

よって今回の相続登記で損をした額の合計は4,336円也。

額的にはそうでもないけれど、総額は14,784円(税抜)ですので、3割近く無駄にしたと思えば、少しマイナスが多いかも。
ただし相続登記を司法書士に頼んだ場合、その報酬は事務所によってまちまちですが、1件50,000円に必要経費としても、プラマイで考えればかなりお得なのではないでしょうか。

ただ、今回の私は、たまたま職場のそばに郵便局があったからできたことで、これで郵便局が離れたところにあって、平日にいちいち仕事を休んで行かなければならなかったとなると、絶対に無理だったでしょう。
まったく郵便局の利用は面倒なものです。

さて、これで相続登記が無事に終わったので一安心・・・とはならず、これでようやく家を売るにはスタートだった、登記にはゴールでも、何を浮かれて、いるんだ財布に、何も入らなくて、まだ売れていないからー、これからが本番です。儲けなくていいから損はしたくないものだのー。

面倒事が嫌いな怠惰な駄目人間ですので、もう登記は取ったんだからこのままでも構わないわーな気分です。


親の家を片づける 土地 建物 相続問題 (ゆうゆうBOOKS)

親の家を片づける 土地 建物 相続問題 (ゆうゆうBOOKS)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2014/03/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



コメント(0) 

イカリング [映画]


怒り Blu-ray 豪華版

怒り Blu-ray 豪華版

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: Blu-ray


「怒り」
李相日

吉田修一の同名小説が原作。未読。
監督と原作者が同じからか映画「悪人」に似た雰囲気で、そちらと出演者が重なっていることもあって、深っちゃんはいつ出るんだろうのーと思いながら見ていました。
過去を隠している3人の男性のうちの誰か1人が逃走中の殺人犯だとされますが、犯人の似顔絵が3人の誰にも似ているようにしているのはともかく(もう1人、実在の犯罪者の顔も合わせている気がしましたが)、過去の犯人の出来事として、その3人の実際には犯人でなかった人が演じている場面があり、それはちょっと卑怯な見せ方のような気がしました。特に誰かの脳内映像ってわけでもなかったしのー。
見ていて腑に落ちない点が数多くあり、これが小説だったら無理がありすぎるため、よくある脚本化の際の失敗だろうから脚本家は誰だろうと思ったら監督本人でした。別の映画を見たときも思ったけれど、この監督は手間暇かけて元作品を改変した部分が少し失敗していると思います。
初めのうち田代まさしかと思わされた森山未來が良かったです


怒り(上) (中公文庫)

怒り(上) (中公文庫)

  • 作者: 吉田 修一
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2016/01/21
  • メディア: 文庫



コメント(0) 

保険証と柊 [日記]

入院中の7日間は(結果的に)毎日病院へ来ていた主人ですが、院内のスターバックスをフル活用していたのはともかく、同時期に実家の方で軽く騒ぎがあり、23日、要介護2である義父の世話人=ケアマネージャから電話があったそうでした。
でも、義父の件ではなく義母の件で、それもちょっと義母に不安な点があるとのこと。

元々、何かあると必要以上に慌てる義母でしたが、最近よく何かがない!と慌てるようになり、先日は保険証を見つけられなくなって、特に急ぎでは使わないのに今すぐ何とかしなければ!と大慌ての大騒ぎで再発行をしてもらいに市役所の窓口へ行き、そこで「保険証」の単語が出てこず、あれあれ、あれがなくなって、えーとえーと、そう!これ!と財布に入っていた保険証を窓口の人に見せて再発行をお願いしていたそうで、往年のドリフ的コントのようにも思えますが、その話を聞いたケアマネージャは駄目だこりゃとは返さず、今までにも何か変だと思うところがあったのか、緊急連絡先となっている主人のところに電話を掛けてきたようでした。

でも、実際に義母がどんな状態なのかは最近うるさいプライバシーの問題があって、これ以上のことは電話では話せないので、1度、義母と主人とケアマネージャの3人で集まって話をしたいとのこと。

そんなことを翌24日に病室で教えられ、今日はそのことで実家に電話しなければならないと早めに帰って行った主人ですが、また翌日の25日、明日退院することになったと伝えてから、実家はどうだったのか訊くと、ここしばらく変なところで意固地になっている義父が、そんなことを話す必要なんかない!と大騒ぎして、集まる話が流れてしまったとか。

そんなこんなで昨日(24日)は夕飯を買わずに帰り(私が入院中は買い食いしていたらしい)、冷蔵庫に残っていた賞味期限切れの納豆を食べていたと話す主人に、昨日は病院食にこんなのが出たと、紙のクリスマスプレートと小さなブッシュドノエルケーキの写真を見せる私でした。
続いて、ケーキに付いていたのを取っておいたと、ティッシュに包んでおいたヒイラギの飾りを渡したら、無表情にペシッと捨てられました。ひどい。


クリスマスケーキ ピック 飾り◆FX-2 緑のヒイラギ(10本入)

クリスマスケーキ ピック 飾り◆FX-2 緑のヒイラギ(10本入)

  • 出版社/メーカー: ファミリアミア
  • メディア: おもちゃ&ホビー



コメント(0) 

収集 [映画]


パーフェクト・トラップ [DVD]

パーフェクト・トラップ [DVD]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: DVD


「パーフェクト・トラップ」(THE COLLECTION)
マーカスダンスタン

「ワナオトコ」(THE COLLECTOR)の続編で、前作の監督が続投。
2年前に前作を見たときから見たがっていましたが、例のツタヤダケのせいで見られず、食べてお前もツタヤになっちゃえよと思っていたら、ネットフリックスで配信してくれました。

劇中、少し時間は経っているものの、前作の次の仕掛けだと分かる正式な続編で、愛すべき盗っ人だった前作の主人公が再び活躍します。彼は前作での金の問題は片付いたのかのー。それにかかわっている暇さえなかったようだけど。
人間をまるでトウモロコシのように刈り取る収穫機状のトラップ等、前作より罠が大掛かりとなり、殺人鬼自身も前作のエロ親父ぶりは鳴りを潜め、ストイックなまでに被害者を皆殺しにし続けていました。
その殺人鬼を崇拝する人物が出てきたかと思えば、対する被害者側(?)も、殺人鬼に連れ去られたらしい娘を助けるため、父親が金で雇った武装集団を送り込みとVSものの雰囲気もあり、相変わらず痛い場面も多くて面白かったです。終盤は折れた腕で全力パンチもしていたけれど、そこは痛そうではありませんでした。あれ、アドレナリン等には関係なく治っているよね。

コメント(0) 

申請と切手 [日記]

相続登記話、6回目。

なんだかんだあったけれど、ようやく必要書類が集まったので、申請することにしました。

登記申請書類は書留郵便で送付しなければないので、また郵便局へ行く必要がありますが、その前に同封する返信用封筒にも書留料金(+本人限定配達料金)の切手を貼らねばならず、キッチンスケールで重さを量って計算してみたら、なんと780円。郵便局で支払う往便の分も合わせると1,460円。普通便なら往復540円なことを考えると微妙に高い。
郵便局へ出しに行った際に、返信用の切手を買って貼る方法もあるものの、私は無駄に潔癖症で切手を舐めることができないので、事前に近所の切手取扱店で購入することに。

780円なら、500円と280円の切手2枚で済むので、店の方にそうお願いしたところ、500円切手を切らしているそうで、なら2枚でなくても構わないから780円分くださいと頼んだら、店員が切手シートを眺めて長考に入られたので、こちらから何円を何枚・・・と言おうとしたら五月蠅いと思ったのか遮られ、「難しい、本当に難しい」と文句を言われながら、電卓を叩かれること実に4分。
それでどこをどう計算したのか、120円5枚と20円9枚の総数14枚となりました。嫌がらせに近いものがあります。何せ切手を舐められないので貼るのが大変でした。

そして申請書類は先週の金曜に郵便局で無事に送付完了。
送付の際、窓口で差出人の住所氏名も封筒に記載されるように言われましたが、右腕を吊っているのを見た窓口の方が代わりに書いてくれました。感謝感謝です。

法務局で何事もなくすんなりと1回で通ればよいのですが・・・


※今回、提出した書類
登記申請書 自作。登録免許税+1,460円 ※往復の送料
相続関係説明図 自作、無料。
遺産分割協議証明書 自作、無料。
自分の戸籍謄本 350円
自分の住民票 200円
自分の印鑑証明書 200円
父親の戸籍・除籍謄本 750円*4+748円 ※後ろの金額は為替手数料や往復の送料。
母親の戸籍・除籍謄本 750円*3+484円
母親の除票 200円+100円
元実家の固定資産評価証明書 200円+264円
計、9,456円(税抜)

※(一応)必要だった書類
元実家の登記事項証明書(土地・家屋)、500円*2
自分の前除籍謄本 750円+264円
計、2,014円

※不要だった書類
母親の戸籍・除籍謄本のダブり(「全ての謄本」を申請したら、父親のときと同じものも届いた) 750円*3+300円
母親の除票のダブり 200円+100円
元実家の固定資産課税台帳の写し 200円+264円
計、3,314円

合計、14,784円(税抜)


日本切手カタログ 2018

日本切手カタログ 2018

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本郵便切手商協同組合
  • 発売日: 2017/07/27
  • メディア: 単行本



コメント(0) 

わずかな悪 [映画]

「リトルデビル」(LITTLE EVIL)
イーライクレイグ

再婚相手の連れ子がアンチクライストなのかどうかな映画で、ホラーだと思ってみたらコメディでした。
かなりオーメンを意識していて、その連れ子の服装がダミアンのようなら、反キリストだろう連れ子を殺せる短剣も出てきます。
再婚相手のエヴァンジェリンリリーは、過去に宗教団体から処女なことを理由に儀式に参加させられ、その際になんかあって妊娠したのが現在の連れ子で、それから付き合う男性全てが謎の死を遂げているとも分かり、更に自分たちの結婚式でも、神父はラテン語の逆再生言葉を口にすれば、竜巻も吹き荒れる出来事があり、それでもまだ連れ子が反キリストなのか、それとも偶然か邪教集団の仕業なのか分からないまま進み、それが分かってからも更に捻りがある楽しい映画でした。
途中、連れ子に庭へ埋められた主人公と、プールで主人公に殺されかけた連れ子が、のほほんと謝り合う場面がよかったです。

コメント(0) 

利き腕と箸 [日記:病気]

一時的とはいえ。利き腕を使えないのは困ったもので、右腕でできる大概のことは左腕でもできなくはないけれど極めて困難となり、特に食事は箸を使うことができず、ご飯でも何でもスプーンで食べ、しかし入院用に100均で買った箸・スプーンセットのスプーンは、茶わん蒸しに付いてくる匙程度の大きさしかなく、ご飯を食べるのに難儀しました。その日のうちに院内のコンビニで大きい(普通の)スプーンを購入し(購入してもらい)、その翌日にはフォークも購入。
普段は両手で行っている洗顔も、片手では水を救うこともできずに困りました。タオルを使って洗えばいいようなものですが、そうなると今度はタオルをうまく絞れず。

他の体験談等から勝手に私も手術翌日からシャワーを使えると考えていたけれど、使えたのは手術前日の1日だけで、何せ三角巾を外せないから術後はシャワー不可能。買っていてよかったボディペーパーを使い、左腕が届く範囲だけは拭いていましたが、シャワー不要のシャンプー等は買っておらず、面倒がないようにと入院前に髪をベリーショートにしていたものの、それでもボディペーパーで拭くぐらいでは頭皮を洗えていないようで、(汚い話ですが)早いもので4日目にはフケが出てきたから、主人が来たときに洗面所で洗ってもらいました。もしかしたら看護婦さんに頼めば洗ってくれたかもですが、まさかねーです。看護婦さんは、毎朝、蒸しペーパータオルを持ってきてくれたけれど、ただ蒸されているだけの紙タオルなので、それで顔を拭いても、気持ちは良いけど洗えてはいないような気がしました。
他にも下着の着脱とか困ったことは多々ありましたが、右腕を普通に使えないとはいえ、みぞおちのあたりに右手が出ているので、それを使ってペットボトルの蓋開け等の両手作業は可能でした。

退院後、そうそうこんなことがあるとは思わないけれど、何があるか分からないから普段から左手で箸を使えるようになる等の練習が必要かのーと主人に話したら、普通に左手で箸を使って食べる様子を見せつけられました。何故、簡単にできるのだね。それとも私が不器用なのか。


KJC エジソン エジソンのお箸3 左手用

KJC エジソン エジソンのお箸3 左手用

  • 出版社/メーカー: KJC
  • メディア: ホーム&キッチン



コメント(0) 
前の10件 | -