So-net無料ブログ作成
検索選択

激情例 [映画]


劇場霊 スタンダード・エディション [Blu-ray]

劇場霊 スタンダード・エディション [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: Blu-ray


「劇場霊」
中田秀夫

公開当時、「女優霊」の恐怖再びのような宣伝をされていた気がしますが、監督が同じ以外は無関係で、どちらかというと「クロユリ団地」を見た観客の悪夢再びな感じでした。
舞台劇の小道具として、いわくつきの人形の頭部を使用してしまったら、いろいろ出演者に不幸が続く話でしたが、その舞台劇がバートリエルジェーベトの伝記でして、その伝記自体には全く関係のない人形が恐怖の対象になるのはどうなのよと少し思いました。
さて、呪われた人形頭部、首から下に球体関節人形を接続したことで、ギコギコと(鳴子こけしのような)音を出して歩き回るアクティブな人形でしたが、舞台上は動く必要が全くなかったので、もしも普通のマネキンのような関節の固まった胴体だったら、直立不動のままピョコタンピョコタンと飛び跳ねたのか、もしくは舞台劇では椅子に座わらせていた状態だから、その格好のマネキンだったら、さぞかし珍妙な格好で歩き回り・・・と思わされました。
それはそれとして人形頭部の能力は、目が合った人に「ちょうだい、ちょうだい」と自分の台詞を言わせる顔なし技と、相手の口からキラキラ光る生気を吸い取って蝋化させるスペバン技、あとは怪力でした。
かなり怖がりの我々でも怖がれる場面が1つもなかったのは残念、どうせ人形による怪力皆殺し場面をやるなら、公演前日じゃなくて公演初日に暴れろやと思いました。
エロ演出家役の小市慢太郎が、無駄にスタイリッシュな動きで画面に出るたびに笑ってしまいました。
コメント(0)